Canvaの使い方

パソコンでCanvaを使う場合

※説明画像はWindowsPCを使用しています。Mac等では多少異なる場合があります。

Canvaの登録の仕方

Canvaとは、無料で使える画像編集アプリです。
こちらのリンクより、会員登録をして使用してください。

Just a moment...

プランがいくつかありますが、最初は無料プランで登録してみてください。

画像編集の仕方

自分の画像を使って編集する方法


1.Canvaにログインし、画面右上の「デザインを作成」→「カスタムサイズ」をクリックします。

2.幅、高さを指定して「新しいデザインを作成」をクリックします。
※CAMPFIREで使うメイン画像は比率3対2(横1200px縦800px)推奨
リターン画像は横400px縦200px推奨です。

3.画像編集画面になります。
図の赤枠部分が「タイトル」になりますので、
クリックして、わかりやすい名前に変更してください。

4.次に、以下の赤枠の「アップロード」ボタンをクリックします。

5.図の、「メディアをアップロード」をクリックし、パソコン本体に置いてある画像をアップロードします。
なお、下の部分には、アップロードした画像が表示されます。

6.アップロードした画像をクリックすると、右画面に表示されます。
画像は、四つ角や両サイド、上下をつかんでドラッグすると広げることができます。

7.このように、画像をめいっぱい広げることができました。

8.画像に文字を追加したい時は、左側の「テキスト」→「見出しを追加」をクリックします。

9.このように、見出しが追加されるので、ここをクリックして好きな文言に変更します。

10.文字の色は、文字を選択し、下の赤枠部分を押すことで自由に変更できます。

11.文字のフォントは、文字を選択し、赤枠部分を押すことで自由に変更できます。

12.文字のサイズは、文字を選択し、赤枠部分を押すことで自由に変更できます。

13.なお、作業で間違った時は、下の赤枠部分のマークで、前の作業に戻れます。

14.(アレンジ)画像上に、枠を追加したい場合についてです。
「素材」→検索窓で「図形」と入力し検索します。

15.赤の矢印の四角を選択してください。

16.図のように四角が配置されるので、好きなサイズに四つ角や両サイド・上下をドラッグして変えます。

17.右上の「透明度」を下げることによって、少し薄い、背景が透ける四角にすることができます。

18.このように図形の上に文字を置く方法もあります。

19.全ての作業が終わったら、下の赤枠を押し、「ダウンロード」することで、編集した動画をパソコンに保存することができます。

Canvaの無料素材を使って編集する方法

工程は、「自分の画像を使って編集する方法」とほぼ同じです。
まずは、「自分の画像を使って編集する方法」1~3のステップを同じように進めてください。

4.画像の背景に色を使いたい場合は、以下の赤枠部分を押すことで、自由に選べます。

5.選ぶとこのようになります。

6.Canvaの無料素材を使用する場合は、「素材」→ほしい画像やグラフィックを検索
します。以下の事例では、「レター」と検索しています。
すると、レターにかんする画像がたくさん出てきます。

7.使いたい画像を選ぶと、右に表示されます。

8.あとは、「自分の画像を使って編集する方法」の工程のように、文字を入れたりして画像を完成させます。

9.Canvaの無料素材では、写真もあります。「写真」を選ぶと、レターに関する写真がたくさん出てきます。

10.こちらも「自分の画像を使って編集する方法」と同様に文字などを入れて画像を完成させてください。

動画編集の仕方

ここでは、Canvaを使って動画を編集する方法をお伝えします。

(事前準備)
動画をスマホ撮影するときは、スマホを横にして撮影してください。

新規作成

1.Canvaにログインし、画面右上の「デザインを作成」→「動画」をクリックします。
(「動画」がない場合は、上の「検索」で【動画】と入力し検索してください)

2.動画編集画面になります。
図の赤枠部分が「タイトル」になりますので、
クリックして、わかりやすい名前に変更してください。

3.この部分になります。

4.次に、以下の赤枠の「アップロード」ボタンをクリックします。

5.図の、「メディアをアップロード」をクリックし、パソコン本体に置いてある動画をアップロードします。
なお、下の部分には、アップロードした画像や動画が表示されます。

6.下の「動画」タブに、今アップロードした動画があるのを確認してください。

7.アップロードした動画をクリックすると、右画面に表示されます。

テロップ(文字入れ)

8.動画にテロップ(文字入れ)をする場合は、テロップの文の単位に、動画を分割する必要があります。
1つめの文の入れ終わりの箇所で右クリック→「分割する」を選んでください。

9.以下のように、動画が分割されました。
分割した、1個目の動画にテロップを入れたいので、▼を1個目の動画の部分に持ってきます。

その後、左側の「テキスト」→「見出しを追加」をクリックします。

10.図のように、文字が追加されました。

11.文字の色は、文字を選択し、下の赤枠部分を押すことで自由に変更できます。

12.文字のフォントは、文字を選択し、赤枠部分を押すことで自由に変更できます。

13.文字のサイズは、文字を選択し、赤枠部分を押すことで自由に変更できます。

14.このように、分割した1個目の動画に、文字が入りました。左の▷(再生ボタン)で確認してみましょう。次のテロップを入れたい場合は、今まで作業した要領で、分割し文字入れをしていきます。

テロップ(文字入れ)に動きを付ける

15.文字に動きをつけたいときは、赤枠の「アニメート」をクリックし、左の赤枠の中から希望の動きを選びます。

効果音

16.効果音を入れたい時、Canva内の音楽を使うときは「オーディオ」→「効果音」などで検索、で探します。
ただ、Canva内の効果音はあまり使えるものがありません。
(音楽はいろいろありますので、使ってみてください。)

17.自分で効果音をアップロードする方法もあります。以下は効果音を探すおすすめサイトです。

効果音ラボ - 商用無料、報告不用の効果音素材をダウンロード
2400音以上の音源を掲載したフリー効果音サイト。品質にこだわっており、テレビなどのプロの音響現場でも使われています。
フリーBGM(音楽素材)無料ダウンロード|DOVA-SYNDROME
フリーBGM音楽素材を無料ダウンロード配布しています。商用や非商用など、用途を問わず連絡不要でご自由にご利用頂けます。

18.ダウンロードした音を、以下の赤枠「アップロード」でアップロードします。
すると、「オーディオ」タブにアップされます。

19.効果音を入れたい箇所に▼のカーソルを移動し、入れたい効果音をクリックします。

20.このように、効果音が追加されました。

21.音楽の左右のバーを動かすことで、音楽を短くすることができます。

22.音楽を選択し、赤枠の「オーディオエフェクト」で、音楽のはじめを徐々にボリュームあげていく『フェードイン』おわりを徐々にボリューム下げていく『フェードアウト』の秒数設定ができます。

23.音楽を右クリックで、「削除」「コピー」「音量調整」などもできます。

動画への写真の差し込み

24.動画に写真の差し込みをする場合は、「その写真を表示したい単位」で動画を分割する必要があります。
写真表示を終わりにしたい箇所で右クリック→「分割する」を選んでください。


25.以下のように、動画が分割されました。
▼を写真を入れたいの動画の部分に持ってきます。
その後、左側の「アップロード」や「素材」から、入れたい写真を追加します。

26.差し込んだ画像の大きさを調整します。

27.なお、作業で間違った時は、下の赤枠部分のマークで、1つ前の作業まで戻れます。

28.全ての作業が終わったら、下の赤枠を押し、「ダウンロード」することで、編集した動画をパソコンに保存することができます。

スマホでCanvaを使う場合

Canvaの登録の仕方

Canvaとは、無料で使える画像編集アプリです。

iphoneの方→☆☆
androidの方→☆☆

プランがいくつかありますが、最初は無料プランで登録してみてください。

画像編集の仕方

自分の画像を使って編集する方法


1.Canvaアプリを起動し、画面の「+」→「カスタムサイズ」をクリックします。
幅、高さを指定して「新しいデザインを作成」をクリックします。
※CAMPFIREで使うメイン画像は比率3対2(横1200px縦800px)推奨
リターン画像は横400px縦200px推奨です。

2.そうすると、最初にこの画面になりますので、上のバーを下にスライドします。

3.画面の「…」をクリック→「鉛筆マーク」をクリックして、クリックして、わかりやすい名前に変更してください。

4.次に、「+」をクリックします。
「ギャラリー」をおすと、スマホに入っている画像が選択できるので、使いたい画像を選びます。
すでにCanvaにアップロード済の画像を使いたい場合は、「アップロード」を押します。

5.画像を選ぶと、白紙の画面に画像が表示されます。
画像は、四つ角や両サイド、上下をつかんでドラッグすると広げることができます。

6.このように、画像をめいっぱい広げることができました。

7.画像に文字を追加したい時は、「+」→「テキスト」をクリックします。

8.「見出しを追加」を押すと、このように、見出しが追加されるので、ここをクリックして好きな文言に変更します。

9.文字の色は、文字を選択し、「カラー」を押すことで自由に変更できます。

10.文字のフォントは、文字を選択し、「フォント」を押すことで自由に変更できます。

11.文字のサイズは、文字を選択し、「フォントサイズ」を押し調整することで自由に変更できます。

12.なお、作業で間違った時は、下の赤枠部分のマークで、前の作業に戻れます。

13.(アレンジ)画像上に、枠を追加したい場合についてです。
「+」→「素材」→検索窓で「図形」と入力し検索します。
赤の矢印の四角を選択してください。

14.図のように四角が配置されるので、好きなサイズに四つ角や両サイド・上下をドラッグして変えます。

15.「カラー」でカラー変更ができます。

16.「透明度」で少し薄い、背景が透ける四角にすることができます。

17.全ての作業が終わったら、赤枠を押し、「ダウンロード」することで、編集した動画をスマホに保存することができます。

Canvaの無料素材を使って編集する方法

工程は、「自分の画像を使って編集する方法」とほぼ同じです。
まずは、「自分の画像を使って編集する方法」1~3のステップを同じように進めてください。

4.画像の背景に色を使いたい場合は、背景を選択し、「カラー」を押すことで、自由に選べます。選ぶとこのようになります。

5.Canvaの無料素材を使用する場合は、「+」→「素材」→ほしい画像やグラフィックを検索
します。以下の事例では、「レター」と検索しています。
すると、レターにかんする画像がたくさん出てきます。

6.使いたい画像を選ぶと、表示されます。

7.あとは、「自分の画像を使って編集する方法」の工程のように、文字を入れたりして画像を完成させます。

8.Canvaの無料素材では、写真もあります。「写真」を選ぶと、レターに関する写真がたくさん出てきます。

9.こちらも「自分の画像を使って編集する方法」と同様に文字などを入れて画像を完成させてください。

動画編集の仕方

ここでは、Canvaを使って動画を編集する方法をお伝えします。

(事前準備)
動画をスマホ撮影するときは、スマホを横にして撮影してください。

1.Canvaアプリを起動し、「+」→「動画」をクリックします。
(「動画」がない場合は、上の「検索」で【動画】と入力し検索してください)

2.そうすると、最初にこの画面になりますので、上のバーを下にスライドします。

3.画面の「…」をクリック→「鉛筆マーク」をクリックして、クリックして、わかりやすい名前に変更してください。

4.次に、「+」をクリックします。
「ギャラリー」→「動画」をおすと、スマホに入っている動画が選択できるので、使いたい動画を選びます。
すでにCanvaにアップロード済の動画を使いたい場合は、「アップロード」→「動画」を押します。

5.動画を選ぶと、白紙の画面に動画が表示されます。
動画は、四つ角や両サイド、上下をつかんでドラッグすると広げることができます。

6.画面いっぱいに配置できました。

7.動画にテロップ(文字入れ)をする場合は、テロップの文の単位に、動画を分割する必要があります。
1つめの文の入れ終わりの箇所で右クリック→「分割する」を選んでください。

8.以下のように、動画が分割されました。
分割した、1個目の動画にテロップを入れたいので、バーを1個目の動画の部分に持ってきます。

9.「+」→「テキスト」→「見出しを追加」をクリックします。
図のように、文字が追加されました。

10.文字の色は、文字を選択し、「カラー」を押すことで自由に変更できます。

11.文字のフォントは、文字を選択し、「フォント」を押すことで自由に変更できます。

12.文字のサイズは、文字を選択し、「フォントサイズ」を押し調整することで自由に変更できます。

13.なお、作業で間違った時は、下の赤枠部分のマークで、前の作業に戻れます。

14.このように、分割した1個目の動画に、文字が入りました。左の▷(再生ボタン)で確認してみましょう。

15.次のテロップを入れたい場合は、今まで作業した要領で、分割し文字入れをしていきます。
全ての作業が終わったら、下の赤枠を押し、「ダウンロード」→「すべてのページ」にチェック→「ダウンロード」でダウンロードします。